2017年より、ANA国際線の機内食に採用されているラブリーテフフレーク。
いよいよ2020年はエコノミークラスに登場します!!!!!

ANAでは2017年12月から「Tastes of JAPAN by ANA -Explore the regions-」として関東地方を半年にわたり特集、その中の取り組みの一つとして、国際線の機内食や空港ラウンジにて、関東地方の特産品を使用したお食事やデザートが登場します。

「Tastes of JAPAN by ANA -Explore the regions-」2019年12月より関東を特集します

[国際線ファーストクラス]
・アイスフレーズ(栃木県)
→欧米・ホノルル路線(日本発)※一部路線を除く/2019年12月~2020年2月

[国際線ビジネスクラス]
・割干昆布大根(埼玉県)
→欧米・パース路線(日本発)※一部路線を除く/ 2019年12月~2020年2月
・神奈川県産はるみ(金芽米)
→欧米・パース・東南アジア・南アジア路線(日本発)※一部路線を除く/2019年12月~2020年2月

[国際線エコノミークラス]
・茨城県ほしいも入りチキンカレー
→東南アジア・南アジア・シドニー路線(日本発)※一部路線を除く/2020年1月
・千葉県銚子鰯つみれカレー
→東アジア・東南アジア路線(日本発)※一部路線を除く/2019年12月
・東京江戸味噌チキンカレー
→欧米路線(日本発)※一部路線を除く/2020年2月

[羽田空港国際線 ANA SUITE LOUNGE 内 DINING h]
・群馬県産黒豚とんくろ~とフォアグラのカイエット仕立て マスタードソースで
→2019年12月
・ANAオリジナルパフェ 山梨県産ぶどうのパフェ
→2019年12月

この中の国際線エコノミークラス、欧米路線にて提供される「東京江戸味噌チキンカレー」のライスがテフライスになっています!

こちらはANAエコノミークラス・国際線の欧米路線の2月のランチ/ディナーの機内食メニューにも掲載されています。
機内食メニュー(PDF)

テフフレークは2017年にもこの「Tastes of JAPAN by ANA」の徳島のプロジェクトでも採用されています。
テフフレークはその栄養価はもちろん、香ばしく味にクセがないのも魅力の一つ。
「空飛ぶレストラン」と称される上質な機内食を提供しているANA。
そこで食の和洋を問わず、幅広く、そして継続して採用されているのが、このラブリーテフフレークなのです!

Lovely Teff(ラブリーテフ)が「ANA SUITE LOUNGE DINING h」のメニューで提供されます!

ビジネスクラス、ファーストクラス、そしていよいよエコノミークラスと、ANA国際線全クラスで採用となったテフフレーク。
アメリカ最大の自然食品店ホールフーズマーケットが発表した、2020年に注目される食品トレンドのトップ10の2位と3位にダブルランクインしているテフとともに、今後の注目が期待されます!

ぜひ、ご搭乗の際はこの東京江戸味噌チキンカレーとともにテフライスを味わってくださいね!

便通改善、貧血予防などに。 コンディションを整える中での嬉しいお声もたくさんいただいています。 低GI、グルテンフリー、ホールグレイン。 ヘルシー&ビューティを応援するラブリーテフはこちらから↓

サクッと香ばしく手軽に楽しめる!ラブリーテフフレーク

「ゆでずにテフを気軽に使いたい」というリクエストにお応えして、下ごしらえなしでふりかけてそのまま食べられる、万能のラブリーテフフレークが登場しました。

商品詳細はこちら!

小麦粉置き換えでグルテンフリー!ラブリーテフパウダー

ラブリーテフパウダーは、エチオピアの伝統食「インジェラ」はもちろん、ガレットやパン、焼き菓子、麺類などにおすすめです。

商品詳細はこちら!

テフそのものを味わいたいなら!ラブリーテフグレイン

素材本来の味わいを楽しみたいならラブリーテフグレインがおすすめ。ラブリーテフグレインはゆでることにより、とろみがつきます。自然な甘みとプチプチとした食感が特徴です。

商品詳細はこちら!