ドクター・オズ・ショー(The Dr. Oz show)」という、アメリカ合衆国を始め、140か国で放送されている健康情報トーク番組があります。(日本ではDlifeで「健康バラエティ ドクター・オズショー」として一部O.A.)
番組のホストは、有名セレブ司会者オプラ・ウィンフリーをはじめとした名だたる著名人たちの友人でもある名門コロンビア大学心臓外科教授のマホメット・オズ医師。

このオズ医師が、「食べるべきスーパーグレイン」の中の一つとして、テフを取り上げているエピソードをご紹介します。

The Super Grains You Should Be Eating

New Super Grains for Your Health, Pt 1

New Super Grains for Your Health, Pt 2

世界一小さい穀物であるテフがその小さい粒の中に豊富な栄養素を含むこと、そして1粒に対し最大40%のレジスタントスターチが含まれていることから、他の炭水化物(パンやポテトなどのでんぷん質やその他のスイーツなど)と置き換えることでダイエットに効果的である、と紹介されています。
海外ではテフをクレープ状にしたもの「Teff Wraps」が販売されており、エピソード内ではその「Teff Wraps」を使った簡単なレシピの紹介もありました。
自然な甘みもあり、「美味しい!」と気に入ったオズ医師が「この番組を見た人はテフを買うべき!」というシーンも。
このエピソードが公開されると、新聞や雑誌などでもテフがこぞって取り上げられました。
サイトではテフを使ったレシピも紹介されています。

Teff Grain Bowl

Teff Pancakes

Teff Cheeseburger

また、海外のグルテンフリー事情は日本よりも深刻で、パンやパスタといった小麦を用いた主食が一般的である欧米では、グルテンを摂取できないと食の選択肢が大きく狭まってしまいます。

アメリカ合衆国ナッシュビルに自身のクリニックを持つカリスマ臨床栄養士、ジョシュ・アックス医師は数々の著書の中で健康的なライフスタイルの重要性を説いてきました。
著書の中でも国民的ベストセラーとなった「Eat Dirt」は邦訳も出版されています。(邦題「すべての不調をなくしたければ除菌はやめなさい」)
アックス医師が健康食や自然医学、フィットネスなどの情報を発信しているウェブサイト「Dr.Axe」は月間閲覧数が1700万を超えています。
その中で、「循環機能を向上させ、ダイエットの手助けとなるグルテンフリーの穀物」としてテフが紹介されています。

グルテンフリーは海外のみならず、日本でも注目を集めていますが、安易にダイエットや健康向上を目的として始めてしまうと、鉄分や食物繊維不足による弊害の恐れも。
テフはグルテンフリーで、さらに鉄分・亜鉛などのミネラル、たんぱく質、ビタミン、食物繊維が豊富な食物です。
海外では一足先にグルテンにアレルギーを持つ人たちのみならず、小麦よりも健康的な主食を求める人たちの間でもテフがブームとなり、一般家庭でも消費が拡大しています。

Tokyo2020のオリンピックに向けて様々な国際トレンドが注目される中、食のトレンドとしてのテフ、今後期待が高まりますね!

便通改善、貧血予防などに。 コンディションを整える中での嬉しいお声もたくさんいただいています。 低GI、グルテンフリー、ホールグレイン。 ヘルシー&ビューティを応援するラブリーテフはこちらから↓

サクッと香ばしく手軽に楽しめる!ラブリーテフフレーク

「ゆでずにテフを気軽に使いたい」というリクエストにお応えして、下ごしらえなしでふりかけてそのまま食べられる、万能のラブリーテフフレークが登場しました。

商品詳細はこちら!

小麦粉置き換えでグルテンフリー!ラブリーテフパウダー

ラブリーテフパウダーは、エチオピアの伝統食「インジェラ」はもちろん、ガレットやパン、焼き菓子、麺類などにおすすめです。

商品詳細はこちら!

テフそのものを味わいたいなら!ラブリーテフグレイン

素材本来の味わいを楽しみたいならラブリーテフグレインがおすすめ。ラブリーテフグレインはゆでることにより、とろみがつきます。自然な甘みとプチプチとした食感が特徴です。

商品詳細はこちら!