1月13日(日)に葛飾区福祉会館で開催された、アディアベバ・エチオピア協会主催のエチオピア新年文化交流会に参加してきました!

まずはお料理を。ビュッフェ形式で楽しみました。

こちらはテフを使ったインジェラとミックススパイスのべルバレ、トマト、手羽元、固ゆで卵で作るドロワットとひよこ豆の煮もの、スパイシーなレンズ豆の煮ものを薄い皮に入れて揚げたサモサのようなもの、羊肉の煮もの、ほうれん草の煮もの。豪華なワンプレートになりました!

初めてインジェラを食べた方もいらっしゃいましたが、「ドロワットとよく合っていて美味しい!」とおっしゃっていました。

そしてエチオピアのコーヒーセレモニー。
エチオピアでは、お客様のおもてなしとしてコーヒーを淹れるそうで、カリオモン(Kariomon)と言います。
エチオピアでは女性が結婚前までに身につけるべき作法の一つと言われていて、冠婚葬祭や大切なお客様がを迎えるときなどに女性が行う儀式なんだとか。
この儀式で使われるポットやカップなどは女性が代々受け継がれているものもあるそうですよ。
日本の茶道にも似ていますね。

コーヒーセレモニーは、まずはお香を焚いてその場を清め、コーヒーの生豆を洗って煎るところから始まり、全部で3回コーヒーを淹れます。
1杯目はアボル(Abol)と言って、一番若い子供が主賓者や年長者にコーヒーを勧め、その後参加者に配ります。塩やバターを入れて飲むこともありますが、砂糖が一般的です。全員が飲み終わるとカップを集めて2杯目のトーナ(Tona)、同様に3杯目のバラカ(Baraka)へと続きます。
1時間から2時間ほど、ゆっくりと時間をかけて、コーヒーを楽しむ儀式です。

そのほかにもエチオピアの音楽に合わせて踊る時間などもあり、楽しい時間を過ごすことが出来ました。

低GI、グルテンフリー、ホールグレイン。ヘルシー&ビューティを応援するラブリーテフはこちらから↓

下ごしらえなしでそのまま食べられる!フレークタイプ

茹でずにそのまま使える嬉しいフレークタイプ。日ごろの食卓へ気軽に取り入れられます。

「ゆでずにテフを気軽に使いたい」というリクエストにお応えして登場しました!
特殊加工によりテフの栄養をギュッと閉じ込め、そのまま美味しく食べられるように仕上げました。サクサクとした食感と、芳しい香りが特徴です。加熱いらずで時短料理にもぴったり。グラノーラやスムージー、スープ、サラダのトッピングに、お菓子やコロッケなどの揚げ物に使うとサクサクした食感がアップ!

商品詳細はこちら!

粉もの全般に!小麦粉代わりに大活躍!パウダータイプ

小麦粉代わりに使ってグルテンを抑えたお菓子やパンを!キッチンで大活躍してくれます。
エチオピアの伝統食「インジェラ」に!
インジェラはもちろん、ガレットやパン、焼き菓子、麺類など粉を使った料理に使えば、簡単にグルテン控えめの料理をつくることができます。パンケーキ、クッキーなどの小麦粉の一部置きかえなどにどうぞ。粉ものの料理との相性は抜群です!

商品詳細はこちら!

本場のテフを楽しみたいならマルチグレイン

本場エチオピアのテフをご自宅で!スープ、ハンバーグなどの料理へミックスして!
素材本来の味わいを楽しみたいならグレイン!
グレインはゆでることにより、とろみがつきます。自然な甘みとプチプチとした食感が特徴です。ホワイト、ブラウンの2種類展開。 ホワイトはどんなお料理にも合う色合いと、甘みのある風味の良さで一番人気です。 ブラウンはホワイトと比べ鉄分を約1.6倍多く含み、現地で祭事の時に食されています。 ※必ず加熱調理してからお召し上がりください。 サラダ、スープ、ハンバーグなどいろいろな料理へ混ぜ込んで。トッピングにもどうぞ。

商品詳細はこちら!