12/21に発売された日経MJの「トレンド」というコーナーで、テフが取り上げられています!

こちらの記事に、先日2店ほどお店の取材に同行させていただきました。

東中野にある「海鮮・かき 沖縄料理 わ」

以前もご紹介した白米にテフをブレンドしたテフごはんに加え、テフを使ったお料理も続々登場しています。
テフはそのものの味にクセがないので、どんなお料理にもなじみ、香ばしさや食感を楽しめる上に栄養素をプラスできるので、日頃の栄養バランスが気になる方の一品プラスにもおすすめです。
フレークはもちろん、グレインが入ったメニューもあるので、ぜひ色々と食感を試してみてくださいね!
こちらのお店ではフレークをお店で購入することも可能です。

麹町三番町にある「salud-health&beauty lounge-」

前回ご紹介した、南雲吉則先生もおススメのテフガレットはこちらで食べることができます!
このテフガレットはテフパウダーを使用しています。
(掲載記事にはイースト菌で3日間発酵とありますが、正しくはイースト菌を入れて室温で半日ほど発酵です)
「命の食事」をコンセプトにした、食べておいしく体に嬉しい、そして体にいいことが楽しく学べるカフェラウンジ。
リピーターの方の中にはこのメニューで体重が落ちた方もいらっしゃるとか。
このテフガレットを夜のメニューにして実感された方もいらっしゃるそうですよ!

トレンドオンラインでは、テフをフレーク、パウダー、グレインの3種類をラインアップしております。

テフフレークは、そのままお味噌汁やヨーグルト、シリアルなどにかけて簡単に鉄分や栄養補給が取れる手軽さで、アスリートの方にも多くご愛用を頂いています。
テフパウダーは、エチオピアの国民食と言われるインジェラはもちろん、米粉とあわせてグルテン控えめなパンケーキやパンなどの小麦粉の置き替えに、南雲先生おすすめのテフガレットに。
テフグレインは茹でてサラダやドライカレーなどのトッピングに、そのままごはんと一緒に炊いたテフご飯も香りがよくおすすめです。

低GI、グルテンフリー、ホールグレイン。ヘルシー&ビューティを応援するラブリーテフはこちらから↓

下ごしらえなしでそのまま食べられる!フレークタイプ

茹でずにそのまま使える嬉しいフレークタイプ。日ごろの食卓へ気軽に取り入れられます。

「ゆでずにテフを気軽に使いたい」というリクエストにお応えして登場しました!
特殊加工によりテフの栄養をギュッと閉じ込め、そのまま美味しく食べられるように仕上げました。サクサクとした食感と、芳しい香りが特徴です。加熱いらずで時短料理にもぴったり。グラノーラやスムージー、スープ、サラダのトッピングに、お菓子やコロッケなどの揚げ物に使うとサクサクした食感がアップ!

商品詳細はこちら!

粉もの全般に!小麦粉代わりに大活躍!パウダータイプ

小麦粉代わりに使ってグルテンを抑えたお菓子やパンを!キッチンで大活躍してくれます。
エチオピアの伝統食「インジェラ」に!
インジェラはもちろん、ガレットやパン、焼き菓子、麺類など粉を使った料理に使えば、簡単にグルテン控えめの料理をつくることができます。パンケーキ、クッキーなどの小麦粉の一部置きかえなどにどうぞ。粉ものの料理との相性は抜群です!

商品詳細はこちら!

本場のテフを楽しみたいならマルチグレイン

本場エチオピアのテフをご自宅で!スープ、ハンバーグなどの料理へミックスして!
素材本来の味わいを楽しみたいならグレイン!
グレインはゆでることにより、とろみがつきます。自然な甘みとプチプチとした食感が特徴です。ホワイト、ブラウンの2種類展開。 ホワイトはどんなお料理にも合う色合いと、甘みのある風味の良さで一番人気です。 ブラウンはホワイトと比べ鉄分を約1.6倍多く含み、現地で祭事の時に食されています。 ※必ず加熱調理してからお召し上がりください。 サラダ、スープ、ハンバーグなどいろいろな料理へ混ぜ込んで。トッピングにもどうぞ。

商品詳細はこちら!